立命館大学コリア研究センター

立命館大学コリア研究センター
〒603-8577
京都府京都市北区等持院北町56-1
立命館大学 修学館2階

TEL:075-466-3264
FAX:075-466-3247


紀要『コリア研究』(立命館大学コリア研究センター)
第4号 掲載論文原稿の募集について

当センターは、2010年3月に紀要『コリア研究』を創刊して以来、年に1冊ずつ刊行を続けております。紀要『コリア研究』は、日本語・韓国語・英語での投稿が可能で、国際的な性格を持っており、国内外の学会・研究機関・研究者から評価されております。紀要は、日本国内はもとより、韓国・アメリカ・中国の研究機関に加え、ヨーロッパ・オーストラリア、南米、東南アジアなどの100か所以上の韓国学研究機関および研究者に送付されております。

この度、2013年3月末に『コリア研究』の第四号の発行を予定しています。日本語・朝鮮語(韓国語)・英語での投稿が可能です。要領に従って、奮って御応募下さい。募集要項および申請書は以下からダウンロードお願いいたします。

応募締切:9月30日
投稿締切:11月20日

募集要項〔日本語朝鮮語(韓国語)英語

申請書および同意書〔日本語朝鮮語(韓国語)英語



第7回次世代研究者フォーラム発表者を募集します

本企画の詳細は こちら よりご覧下さい。

応募書類はこちらよりダウンロードしてください。
Japanese:2012年 第7回RiCKS次世代研究者フォーラム 参加申込書
Korean:2012년 제7회 RiCKS 차세대연구자포럼 참가신청서

ドキュメンタリー上映+監督トーク
韓国済州島江汀海軍基地反対闘争のドキュメンタリー
「JAM DOCU江汀」上映会

本企画の詳細は こちらよりご覧下さい。

■日時:2012年5月11日(金)18:30~21:00
■場所:立命館大学朱雀キャンパス5階大講義室
     (駐輪・駐車場はございません。公共交通機関にてご来場ください。)
■入場料:学生・大学院生 無料/一般 1,000円
     (事前申込み不要)
■主催:立命館大学コリア研究センター
     済州島四・三事件を考える会・大阪



特別研究会
「二つの訪朝団が見た平壌―中ロとの関係を強める経済動向を中心に―」

     本シンポジウムの詳細は こちらよりご覧下さい。
IMAGE
■日時:2011年11月7日(月)16:00~18:00
■場所:立命館大学衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム
■主催:立命館大学国際地域研究所
            立命館大学コリア研究センター

※参加費無料、事前申込不要、逐次通訳あり
本企画は終了しました。


研究会当日に報告した波佐場清 (立命館大学コリア研究センター客員研究員/元朝日新聞編集委員)
訪朝レポートが、こちら(PDF)よりダウンロードできます。
最新の平壌事情の報告ともいえる貴重なレポートですので、どうぞご覧ください。


財団法人ワンコリアフェスティバル設立記念シンポジウム
テーマ「 東アジア共同体の未来に向けてー市民・地域交流を中心にー」

■日時:2011年10月22日(土)15:00~18:00 (14:30 開場)
■場所:京都・立命館大学朱雀キャンパス5階大講義室
■共催:財団法人ワンコリアフェスティバル/立命館大学コリア研究センター/韓国・東西大学
■パネリスト
   勝村誠 (立命館大学教授)、李元範 (韓国・東西大学教授)、
   王柯(神戸大学教授)、李鍾元 (立教大学教授)
■コメンテーター:鄭甲寿(財団法人ワンコリアフェスティバル代表理事)、
          朴一(大阪市立大学教授)、李鋼哲 (北陸大学教授)
■司会:文京洙(立命館大学教授)
■資料代:1,000円(ただし、学生は無料)/事前申し込み不要
■お問い合わせ先:ワンコリアフェスティバル実行委員会
    〒544-0031 大阪市生野区鶴橋2-15-36     ℡ 06-6791-1187 Fax 06-6717-6645
    
本企画は終了しました。

※駐車場はご用意できませんので、公共交通手段をご利用ください。
 交通アクセスなどは下記URLをご参照ください。

http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_suzaku_j.html

また、上記シンポジウムは「第27回ワンコリアフェスティバル」の一環として行われます。
ワンコリアフェスティバルについては、下記のHPをご参照ください。
ワンコリアフェスティバルHP


ページトップへ